女性がずっと独身のままだったら・・・将来1人で生活していける?

~独身であることに不安をお持ちの方へ~

葉っぱ現在独身のあなたへ

何で私はまだひとりなのだろう。寂しい女性
この先結婚できるのだろうか?
ひとりでどうやって生活していったらいいの?
老後が不安。
寂しい。。。

30代前半、30代後半、40代前半、40代後半、現在のあなたの年齢によっても想いの度合いはそれぞれかもしれませんが、こんな想いを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

20代まで一緒に遊んでいた友達がそれぞれ結婚して家庭を持ち、子供を産み、付き合いが悪くなっていくと、余計ひとりだけポツンと取り残されたような焦燥感にとらわれるものです。

結婚はいつでもできるものかもしれませんが、特に女性は出産という大きなイベントを抱えています。出産はいつでもできるという訳でもありません。年齢制限があることによる焦り、あきらめ、不安、様々な想いが渦巻いていることでしょう。
もしかしたら30代前半の場合は、まだそんなに危機感を感じる年齢ではないかもしれません。
ですが、年月が経つのは早い。30代なんてあっという間に過ぎて行くのです。

危機感を持ってくださいと言っている訳ではありません。
こんな想いを抱えてしまうのは、仕方ないことでしょう。私だってそうでした。
ですが、「どうしよう・・・」と不安や心配を抱えている状態をずっと続けているだけなのであれば、いつまでも何も状況は変わらないどころか、その心のゆがみはそのうち、体にも悪い影響を及ぼす可能性もでてくるでしょう。

独身であることが恥ずかしい。
独身であることに罪悪感を感じる。

このように、「独身」ということに劣等感を感じてしまう人もいるようです。
昔であれば、そのような風潮もあったかもしれません。

ですが、それもひとつの生き方。
まだ独身であるからといって肩身の狭い想いをして生きる必要はありません。卑屈になることもありません。
そんな状態は、元々持っている貴方の魅力を半減させてしまいます。
自信を持って、胸をはって生きて行きましょう。

葉っぱ2結婚したいのか?したくないのか?

結婚式私は特に結婚願望が強かったわけではありませんが、時が来れば普通に結婚できるものとどこかで思い込んでいました。今思えば、何の根拠があったわけでもありませんが(笑)
ですが、その予定が狂うと言いますか、自分の予想していたとおりにならないと、人って不安になるものなんですよね。
また、周りは皆家庭を持ち、幸せそうに見える。
「隣の芝生は青い」とはよくいったものですが、本当にそうなんですよね。

ですが、その人が幸せかどうかは、その人にしかわからない。家庭を持っている人はその人なりに、違う悩みを持っていたりするのです。

幸せそうに見えるから、うらやましい。
私も早くそうなりたい。
親や親戚がうるさい。世間の目が厳しいから結婚したい。

人との比較。世間の目。そんなものに惑わされて、自分の望む姿を見失っていませんか?

昔の世代ならば、お見合い結婚は当たり前、早い年代で結婚していたかもしれません。
ですが、今は、ある意味自分で自由に選択できる社会になってしまった。もしかしたら、そんな現代の風潮が、今の女性を悩ませている原因になっているのかもしれません。
親や周りが用意したレールを歩いて行く。自分で選ぶ必要がないから楽ですよね。

ですが、それが本当にあなたの幸せでしょうか?

結婚したいのか、したくないのか。
結婚は必須ではないけど、恋愛を楽しめるパートナーがいればいいのか。
子供が欲しいのか、欲しくないのか。

赤ちゃんまずは、ここから考えてみるといいかもしれません。
焦らずに、と言いたいところですが、子供が欲しい人にとっては、多少焦らなくてはいけない年代になってきているのも、確かなところです。
そう考えると、「子供が欲しいのか、欲しくないのか」ということをまず始めに考えた方がいいのでしょう。

もちろん、子供が欲しいからといって、必ずしも出来るかどうかと言われれば、その人の体の状態等、年齢以外の他の様々な要因によって、もしかしたら難しい場合もあるかもしれません。
いざという時のためにも、今から健康に気を使い、妊娠しやすい身体への体質改善に取り組むなど、体を本来の調子に戻す準備をしておくのもよいのではないでしょうか。
何より、心も体も健やかにあることが、人生を楽しむうえで最も大切なことでありますから。例え妊娠できない、望まない、といった場合でも、「健康である」ということは何よりの宝だと思うのです。

現在私たちは、食生活の欧米化による食事の乱れ、大気汚染などの環境による乱れ、忙しさによる生活の乱れ、様々なストレスなどにより、本来の体のリズムを崩してしまっている方が多い。
それを、自分自身でバランスさせ、本来の自分を取り戻すことによって、生き生きとした人生を送ることができるでしょう。

人はそれぞれ皆違うもの。
人と同じ幸せではなく、自分が本来望んでいること。なりたい姿。
あなた自身が望む幸せを考えてみませんか。

葉っぱ3女性がひとりで生きて行く力を身につけるには

体も心も健康であることはとても大事なことです。
ですが、例え健康であったとしても、生きて行く力、生活していく力を身に着けることが必要になってきます。

考える女性もしひとりで生きて行くことを選択した場合、親が莫大な資産家などでもない限り、働かないと生活してはいけないでしょう。
現在年収も低く、貯金もほとんどない、といった状態の場合、この先どうしますか?
今のまま同じ働き方をずっと続け、少しでも老後に向けてコツコツ貯金をするために、節約生活をするのでしょうか。
役職など重要ポストにでもついていない限り、ずっと社員のままでいられるのでしょうか。

また、これは独身女性に限ったことではありません。
結婚されて、専業主婦になる方、共働きをさせる方に分かれると思います。
今は共働きの方が割合としては多いのでしょうか。

専業主婦で収入面は旦那様(パートナー)に頼り切り、という場合、もしパートナーに何かあった場合はどうしますか?
病気、勤務先の会社に何かあった場合・・・人生はいつ何が起こるかわからないのです。
もし何かあった場合でも、ご家族を支え、生活していける力、自信、智慧がありますでしょうか。

共働きの方、とくに子育てもされている方って、本当にすごいと私は思います。
仕事、家事、子育て、、、ご自身の時間ってほとんどないのではないでしょうか。
共働きをされている方というのは、もちろん本人が仕事をしたいからそうなっている場合もあると思いますが、片方の収入だけでは生活が厳しいからという理由の方もほとんどかと思います。
そうなると、どちらかに何かあった場合、家族を支えていかなくてはいけない。
どうしよう・・・。そうなった場合、もしかしたら会社勤めは難しく、時間に縛られない稼ぎ方という工夫も必要になってくるかもしれません。
何かなかったとしても、お子さんと一緒にいる時間が多い方がいいですよね。(子育て経験がない私がいうことでもありませんが・・・)

独身の方ですが、働くことに疲れて、「もう働きたくないから結婚したい」と逃げによる選択をする方も多いようです。
そういう理由で結婚するということは、悪く言えば、パートナーの収入をあてにして、ということです。
パートナーに依存するということです。
片方に依存した関係は、うまくいくのでしょうか。

中にはそれでうまくいくカップルもいるかもしれません。
依存されたい男性も、恐らく世の中にはいるでしょうし、それでうまくバランスが成り立つからです。
ですが、全てが全てそんな男性ばかりでもありませんし、もしうまく出会ったとしても、その男性に何かあった場合のことを、また考えなくてはいけません。

うさぎカップル「依存する」ということは、外(パートナー)に幸せを求めてしまっている状態です。その存在がなくなってしまったら、その関係が壊れてしまったら、あなた自身に成長がない限りは、また元の状態に戻ってしまうでしょう。
自らも自立し、お互いに支え合っていける関係、そんな関係になれたら理想ですよね。
依存で成り立つ人生は、その依存したものに左右される、とても不安定なものでしかないのです。

自分自身で幸せになれる力、稼げる力、知識、これらはいずれの人生を選択するにしても、
身に着けておくのに越したことはないでしょう。いえ、むしろ必要なことです。

誰のものでもない、自分の人生。正しい知識を身に着け、自分の足で立って生きて行きましょう。

チェック30代40代女性のための生き方(個別)相談

個別面談へのお申し込みはこちら

チェック2人生を豊かに生きたいあなたのための【無料PDFレポート】

人生を豊かに生きたいあなたのための【無料PDFレポート】ダウンロードはこちら

女性(独身)のための将来情報・ブログ

Copyright(c) Y&Y Life All Rights Reserved.